• ホーム
  • 初めての方へ
  • 診療方針
  • 院長あいさつ
  • 交通案内

小児科

風疹ワクチンの予防接種は当院のMMR(麻しん/風しん/おたふく風邪)をどうぞ。

不活化ポリオワクチンの接種も継続しております。

現在、国内では風疹の感染が急増中です。それに伴い妊娠中の女性が風疹にかかることにより平成25年8月現在で不幸なことに全国で13人の先天性風疹症候群の赤ちゃんが産まれています。妊娠してからワクチンを打つことはできませんし、ワクチンを接種してから3ヶ月間は妊娠することが出来ませんので、ワクチンを接種された方は3ヶ月間は避妊をしていただかないといけません。現在妊娠可能な女性の殆どは風疹の抗体価は足りていないと言われており、健康な赤ちゃんを産むためにはMMRをうつことをオススメします。
詳しくは下記URLをご参照下さい。
http://mmr-mmrv.jimdo.com/?fb_action_ids=497851960294828&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id
=288381481237582

全国で、摂取可能な医療機関は下記をご参照下さい。
http://mmr-mmrv.jimdo.com/mmr-mmrv取扱医療機関マップ-リスト/

不活化ポリオワクチンは平成24年9月1日から、今まで当院で輸入いたして居りました SANOFI 社の IMOVAX POLIO から同じサノフィ・アヴェンティス社の国内承認済みの「イモバックスポリオ」に切り替わります。当然の事で国内承認済みの IMOVAX POLIO に切り替わりますから自己負担は発生しません。


また、当院ではイモバックスポリオ以外の定期一類疾病予防接種である三種混合ワクチン・二種混合ワクチン・麻疹風疹混合(MR)ワクチン・日本脳炎ワクチンも積極的に行っておりますし、任意接種であります、ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン・ヒトパピローマウィルス(PHV)ワクチン・インフルエンザワクチン・水痘ワクチン・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ワクチン・B型肝炎ワクチン・A型肝炎ワクチン・ロタウィルスワクチン全てに対応しております。

 
予防接種に関しては、医師のワクチン接種の技量が子供の痛みに大きくかかわってきます。当院においては、IMOVAX POLIO に置いては大分県・宮崎県・鹿児島県(奄美大島・屋久島)からも接種に来られ好評を得ておりました。

7歳半を超えた児童は公費負担がありません。また昭和49年から52年生まれの方はポリオの抗体価が殆んど付いていないとのデータがあります。国は生ポリオワクチンに関しては自費扱いにして残す方針であるそうですので、生ワクチンを接種した子供に接触した場合は感染の危険性がありますので、自己負担になったとしても IMOVAX POLIO ワクチンの接種が望ましいと思われます。