• ホーム
  • 初めての方へ
  • 診療方針
  • 院長あいさつ
  • 交通案内

総合内科診療科

総合内科診療科

総合内科診療科とは

総合内科診療科とは

患者さんにとって、こんな症状があるんだけど、いったい何処の何科に行ったら良いのか判らない事が多いと思います。
たとえば、なんだか身体の具合が悪い、とか、検診で聞いた事も無い検査の値が以上だと言われたけど具体的に何処が悪いのか、続けてどんな検査を受ければ良いのか、どんな治療を受ければ良いのか、アドバイスも貰えずに全く行く宛も判らない事が多いかとも思います。

取りあえず、近所の診療所を受診してみたけれども先生に、せっかく来ていただいたのに、当院では診れませんとか、受診する科が違いますよ。と言って断られたケースを良く聞きます。
いったい、私のこの症状は何科へ受診すれば良いんだろうか?

当院に置いては、自分で何科に行けば良いのか良く判らない方のアドバイスや治療、当院で無理な場合は適切な医療機関への紹介も行います。

検査での異常値や症状を治すための入り口だと思って下さい。
昔の医療であれば、一人の医者が広く診ていたのですが、現代の医療は細分化した事により、一つの疾患の専門的な病気に関してのスペシャリストは数多く居ますが、自分の専門外だと全く判らないと言う、現代の最新医学の言ってみれば弊害なのかもしれません。

現代は、高血圧や高脂質血症、糖尿病、などの成人三大病はもちろんの事、関節の軟骨の変性に伴う関節痛や、はたまた心の病など、一概に治る、治らないでは済まない慢性的な健康問題のほうが医療の主流になって来た時代です。さらに、これらの健康問題は各々が独立した疾患では無く、多くの場合は食生活や遺伝、生活背景も含めて複雑に絡み合っている場合が多いのです。

たとえば、頭痛や肩こり、腰痛や膝痛が取れないために慢性的に精神にストレスが貯まってしまう事により、痛みなどは普段の仕事や日常の生活や家族環境にしこりとなって影響してしまう。これらの事も総合診療科の役目だと思っています。
何でも気軽に相談にいらして下さい。当院では適切な診療、治療のお役に立てると思います。