外科

痔の治療

内痔核治療:ジオン注 (ALTA療法)

ジオン痔でお困りの方に、朗報です。
それは、ジオン注(ALTA療法)による4段階注射法です。
そうです、注射で内痔核を治せるのです。

今までのように、麻酔をかけられて手術をして1週間から10日前後苦しまなくても良いのです。
その日のうちから、普通に排便できますし、切除をしませんから傷の処置が要らず入院する必要がありません。処置は10分~15分程度ですので1時間程度で帰宅できます。

わかりやすく説明しますと、痔と言うものは肛門付近に出来る静脈瘤みたいなものです。
肛門の外に出来る静脈瘤が外痔核、肛門の中、直腸下部に出来るものが内痔核です。酷くなって来ると肛門の外に脱出して来たり、出血して来たりします。
このジオン注は脱出を伴う内痔核に直接注射をするものです。
痔に流れる血管の血流量をジオン注にて減らし痔の粘膜を硬化・縮小させて肛門からの脱出や出血を無くします。痔核を切除する訳ではありませんし、痛みを殆ど感じない部分に注射をするだけなので注射をした部分が凄く痛かったり出血する事が殆ど無く、その日の内に排便が可能です。

このジオン注 (ALTA療法) は肛門・直腸の解剖学的知識と手技の熟練を必要とするため、内痔核治療研究会から認められた医者しか取り扱う事が出来ない特別な治療法ですが、保険の適応ですから高額な費用は必要ありません。

いぼ痔とはどのような病気なのでしょうか?

いぼ痔とは肛門の粘膜の下には、血管が集中しており、肛門をしめたり、緩めたりする動作の際にクッションのような働きをする部分があります。肛門への負担が大きくなればなるほど、このクッション部分に負荷がかかり、出血を起こしてしまったり、肛門の外へでてしまうことがあります。これを一般的に「いぼ痔」と言います。

どのようにジオン注を投与するのでしょうか?

ジオン注ジオン注を行う前に、肛門周囲に麻酔を行うか、下半身のみに効く麻酔を行い、筋肉の緊張を和らげてから注射を行います。
麻酔法については麻酔の専門家である院長にご相談ください。

ジオン注を投与するとどうなるのでしょうか?

ジオン注投与後、間も無くすると痔核に流れ込む血液の量が減り出血が止まってきます。
脱出の程度も軽くなります。

ジオン注投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた組織が元の位置に固着・固定することで、脱出が見られなくなります。(1週間から1ヶ月)

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは要約すると、瞼が下がり目が開きにくい状態目が痛いの事を指します。
以下のような症状がある方は眼瞼下垂の疑いがあります。

  • まぶたが重く感じる
  • 黒目が小さく見える(上まぶたが黒目にかかっている)
  • おでこに深いシワが増えてきている
  • 上まぶたがくぼんでいる
  • 片方の目がしっかりと開かない
  • よく目を擦ってしまう
  • 眼の奥に痛みを感じる
  • 視界が狭くなった気がする

症状としては初期段階は目を開ける際に少し重いと感じる程度ですが、放置すると徐々に目を開
くことも難しくなり、偏頭痛も起きるようになってきます。
最終的には視力の低下に繋がることもあります。
早期の治療をお勧めいたします

TEL:0964-28-2001