• ホーム
  • 初めての方へ
  • 診療方針
  • 院長あいさつ
  • 交通案内
ホーム > パイプカット

パイプカット

パイプカットとは?

パイプカットとは、要約すると男性避妊手術の事です。
この手術を行う事で女性を妊娠させる事が出来なくなります。

パイプカットのよくある質問

パイプカットの手術を希望される方からよく質問されることを記載しております。

Q1,射精はできますか ⇒ 手術前と変化はありません
Q2,手術後に妊娠することはあるありますか ⇒ ありません
Q3,射精時の快感は変わりますか ⇒ 手術前と変化はありません
Q4,精力は落ちますか ⇒ 手術前と変化はありません
Q5,勃起力は低下しますか ⇒ 手術前と変化はありません
Q6,男性ホルモンに変化はありますか ⇒ 手術前と変化はありません
Q7,手術前の状態に戻すことは可能ですか ⇒ 以前の状態に戻せません

パイプカットの手術はどのようなことをおこないますか。

精子が製造される睾丸からでている左右の管を切断することで、精子がでないようにする手術です。

正常な方の場合は、精液は精子と精漿液体が混合し管を通り体外へ排出されます。
パイプカットはこの二つが混合する前に精子が通る管を切断する手術です。
ですので、精子が含まれていない精液のみ排出されます。

パイプカットの手術とは上記でもお伝えしたとおり、単に精子を含まない状態にする手術です。
ですので、男性ホルモンの低下や射精や勃起力などにはまったく影響は与えません。
性行為は問題なく行えます。

他にご不明な点などがございましたら、お問い合わせくださいませ。
メールの方が相談しやすいという方は「お問い合わせ」フォームからお問い合わせください。

パイプカットの手術をする前に一度お考えください

元にはもどせません

パイプカットの手術を行った後は、正常の状態に戻すことができません。
切断した個所を再度修復しても、妊娠させる機能自体を取り戻すことは保証致しかねます。


ですから以下の条件を満たす必要性があります。

ご結婚されていること 2人以上お子様がいらっしゃること 奥さまが同意されていること

将来お子さんをもうけたいと考えていらっしゃる患者さんにはお断りさせて頂いております。

精液検査について

パイプカットの手術は、術後すぐに精子がでなくなるわけではなく、手術後1ヶ月半~2ヶ月ほど経過した後に検査を行い、精子が検出されなければ完成です。

手術後1ヶ月半~2ヶ月は管の中に精子が残っていることもありますので、検査で精子が出ていない事を確認するまでは必ず避妊をしてくださいませ。

検査の結果はおおよそ1週間前後頂いております。

パイプカットのメリット

パイプカットのメリット

パイプカットを希望される方は様々な理由で手術を行われます。

計画的な家族計画の為に行われる方もいらっしゃれば、性行為をより気持ちよくする目的で手術を行われる方もいらっしゃいます。

注意事項として、この手術を行うと約4週間は性行為自体がおこなえません。

手術の傷が修復し、性行為が可能になって約15~20回ほどの射精を行った後の精液をご持参下さいませ。

施術後の過ごし方

手術当日シャワーは控えて下さい。出血する可能性があります。
手術翌日手術した個所を濡らさなければ、問題ありません。
手術4日目術後のガーゼをはずして頂き、シャワーは浴びて頂いて大丈夫です。
手術1週間日常生活はほとんど問題ないです。激しいスポーツなどはまだ避けてください。
手術2週間湯船につかることが可能です。
性行為が可能 

パイプカット 料金

¥ 80,000(税抜)
※初診料・内服(鎮痛剤・抗生物質)込み

2014年7月1日より、上記金額になります。