泌尿器科

パイプカット

パイプカットとは

パイプカットパイプカットとは、要約すると男性避妊手術の事です。
この手術を行う事で女性を妊娠させる事が出来なくなります。

よくあるご質問と答え

パイプカットの手術を希望される方からよく質問されることを記載しております。

射精はできますか?

手術前と変化はありません

手術後に妊娠することはありますか?

ありません

射精時の快感は変わりますか?

手術前と変化はありません

精力は落ちますか?

手術前と変化はありません

勃起力は低下しますか?

手術前と変化はありません

男性ホルモンに変化はありますか?

手術前と変化はありません

手術前の状態に戻すことは可能ですか?

以前の状態に戻せません

手術の内容

精子が製造される睾丸からでている左右の管を切断することで、精子がでないようにする手術です。
正常な方の場合は、精液は精子と精漿液体が混合し管を通り体外へ排出されます。
パイプカットはこの二つが混合する前に精子が通る管を切断する手術です。
ですので、精子が含まれていない精液のみ排出されます。

パイプカットの手術とは上記でもお伝えしたとおり、単に精子を含まない状態にする手術です。
ですので、男性ホルモンの低下や射精や勃起力などにはまったく影響は与えません。
性行為は問題なく行えます。
他にご不明な点などがございましたら、お問い合わせくださいませ。

受診される前に一度お考え下さい

パイプカットの手術を行った後は、正常の状態に戻すことができません。
切断した個所を再度修復しても、妊娠させる機能自体を取り戻すことは保証致しかねます。
ですので以下の条件を満たす必要性があります。

  • ご結婚されていること
  • 2人以上お子様がいらっしゃること
  • 奥さまが同意されていること

将来お子さんをもうけたいと考えていらっしゃる患者さんにはお断りさせて頂いております。

治療後の過ごし方

  • 手術当日  シャワーは控えて下さい。出血する可能性があります。
  • 手術翌日  手術した個所を濡らさなければ、問題ありません。
  • 手術4日目  術後のガーゼをはずして頂き、シャワーは浴びて頂いて大丈夫です。
  • 手術1週間  日常生活はほとんど問題ないです。激しいスポーツなどはまだ避けてください。
  • 手術2週間  湯船につかることが可能です。
  • 性行為が可能

精液検査について

パイプカットの手術は、術後すぐに精子がでなくなるわけではなく、手術後1ヶ月半~2ヶ月ほど経過した後に検査を行い、精子が検出されなければ完成です。
手術後1ヶ月半~2ヶ月は管の中に精子が残っていることもありますので、検査で精子が出ていない事を確認するまでは必ず避妊をしてください。
検査の結果はおおよそ1週間前後頂いております。

料金

80,000円(税抜)
※初診料・内服(鎮痛剤・抗生物質)込み

包茎手術

包茎手術とは

包茎手術患者様に合わせた方法で、自然できれいな仕上がりを実現します。
包茎手術は、直線切除法で行います。余分な包皮の長さを正確に計り、たるみを丁寧に取り除いていき、包皮のたるみ具合に応じて切る個所を変えて行います。 代表的には 「陰茎根元切除」・「陰茎中部切除」・「亀頭直下切除」の3通りがあります。 いずれも麻酔を使用するため、痛みはなく、傷跡も目立ちません。手術時間はおよそ40分です。

包茎のタイプ

仮性包茎

もっとも多い包茎のタイプで、平常時は包皮が亀頭を覆っています。
手でむくと亀頭を簡単に露出させることができます。勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近いものから、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度のものまであります。

カントン包茎

亀頭先端部の包皮が狭いけれども無理をすれば亀頭を露出できる 状態です。ただし無理にむくと締めつけられて元に戻らず、腫れて 痛みを伴うことがあるので、早めの治療をおすすめします。

真性包茎

亀頭先端部の包皮が狭すぎて亀頭の露出がまったく不可能な状態です。勃起や性交渉だけでなく排尿にも支障が伴い、長年放置しておくと、亀頭と包皮の内側が癒着する恐れもあり早急な治療が必要です。

手術の流れ

1.包茎手術のデザイン

包茎手術で重要になるのが術前のデザインです。
勃起時と平常時の差、上下左右の方向の包皮のあまり、よじれ、包皮の絞約(包皮の狭い部分)の有無やその度合い、などを入念にチェックし、最終的に収める包茎手術の傷の位置など、何度も確認しながら丁寧に慎重に行ってまいります。

2.包茎手術の麻酔方法

包茎手術においての麻酔は局所麻酔です。
局所麻酔の方法は皮下組織に麻酔薬を浸潤させる方法と、ペニスの根元の神経束を麻酔し、ペニス全体に麻酔をきかせる方法があります。

3.包茎手術

包茎手術を開始します。包茎手術自体、出血が多い手術ではありませんが、包茎手術は、術中・術後の出血を極力抑えるため、慎重に丁寧に、最大限の注意を払いながら行います。
※重要な血管や神経などに触ることなく手術を行うため、包茎手術による障害等が起こることは通常考えられませんのでご安心下さい。

4.包茎手術後の処置

包茎手術後、患部に薄い包帯を巻いて終了です。
ズボンの上から股間が膨らんで目立つこともありませんし、普通に歩いて帰れますので「包茎の手術や治療を受けたこと」は誰の目にもわかりません。ご安心下さい。

5.日常生活では

手術後は、飲酒は4~5日後から、入浴は1週間~10日から、性行為は3~4週間後からにして下さい。
患部に違和感、気になる点などございましたら、すぐに医院までお越し下さい。

料金

110,000円程度を目安としてお考えください。

 

TEL:0964-28-2001