• ホーム
  • 初めての方へ
  • 診療方針
  • 院長あいさつ
  • 交通案内

硬膜外ブロック

硬膜外ブロック

痛みを感じる身体の神経は、脊椎(判りやすくいえば背骨)で守られた中にある脊髄に達し、脳へと繋がっているのです。
硬膜外ブロックとは、脊髄を一番外で覆っている硬膜の外側にある黄靭帯との間の空間へ、局所麻酔薬(当院に置いてはカルボカインやアナペイン)などの薬剤を注入し部分的に(痛みの強い部分)神経をブロックさせたり治療薬を入れたりして脊髄神経の治療や興奮を抑え、痛みを和らげたり消して行ったりするものです。
痛みが強くある部分は、血管が収縮し血流が悪くなり神経への酸素や栄養分が供給できにくくなり、それが更に神経のダメージが強くなるのです。この痛みが増強してしまうという悪循環が繰り返されて行くのです。
硬膜外ブロックという手技は、痛みを和らげ、同時に神経への血流を改善させ、弱っている神経へ酸素や栄養、治療薬を与え、神経が治るのを助けていきます。

硬膜外ブロックの出来ない方

背中より処置をします。 背中に感染や炎症があったり、脊椎の変形が強い方、脊椎の手術を受けた方(手術位置では無いところからブロックします)、硬膜外ブロックを受けることが出来ない可能性がありますので 相談して下さい。

注射の方法

注射の方法

半身の衣服を出来る限り脱いでいただき、ベッド上で医師と反対側を向いて横向きになっていただきます。
痛みの強い方が下になるように横になっていただき、オヘソをみるように海老のように丸くなって貰います。
この体勢を確りとっていただくことが一番重要なのです。
その後、消毒を行い、最初に特別に用意したとても細い針で局所麻酔を施し、硬膜外ブロック専用のTouhy針を刺します。
黄靭帯を切り硬膜の外の空間に針が届けば、局所麻酔薬や治療薬(個人にもよりますが、出身医局や経験により少しずつ違います、これが他院との決定的な違いかもしれません)を注入します。



どんな疾患に効くの?

下記の疾患など、たくさんあります。

帯状疱疹後神経痛 変形性脊椎症 頚部、胸部、腰部の椎間板ヘルニア 癌性疼痛、原因不明の疼痛 PHS(帯状疱疹後神経痛) CRPS(複合性局所疼痛症候群)